スマートカルテにユーザの初期データをインポートする

スマートカルテにユーザの初期データをインポートします。

作業する前の確認

・お使いのパソコンに、スマートカルテがインストールされていることを確認する (インストールされていない場合は、こちらを参考にインストールしてください)
・ユーザの初期データ(CSVファイル)が作成されていることを確認する (作成されていない場合は、こちらを参考に作成してください)
・画面右下のタスクトレイに青い鳥のアイコンが表示されていること(スマートカルテが起動していること)を確認する

作業手順

  • (1/12) デスクトップのスマートカルテのアイコンをダブルクリックし、スマートカルテの画面を表示する
  • (2/12) スマートカルテの画面右上に表示されている"管理"をクリックする
  • (3/12) "基本設定"の画面が表示されていることを確認する
  • (4/12) 画面左の一覧に表示されている"データ管理"をクリックする
  • (5/12) "データ管理"の画面が表示されていることを確認する
  • (6/12) "インポート"の枠中の"参照"のボタンをクリックする
  • (7/12) ユーザの初期データファイル(users.csv)を指定する
  • (8/12) "アップロード"ボタンをクリックする
  • (9/12) インポートの完了画面が表示され、インポートしたユーザの情報が一覧されていることを確認する
  • (10/12) 画面左上の青い鳥をクリックする
  • (11/12) ホーム画面でインポートしたユーザが表示されていることを確認する
  • (12/12) ユーザの初期データファイル(users.csv)を削除する
  •   ※ 個人情報なので、確実に削除してください。以降、スマートカルテでこのデータを使うことはありません。

 

お疲れ様でした!

スマートカルテのインストール、ユーザの準備が完了しました。
うまく行かなかった場合、不明な点がある場合はこちらからお問い合わせください。

次はスマートカルテの初期設定を行います。こちらの手順書を見ながら進めてください。